プロフィール

司法書士の遺言相続成年後見人解説

Author:司法書士の遺言相続成年後見人解説
初めまして。
大阪の司法書士佐々木毅です。
司法書士はどのようなことが出来るのか、どのような場合に司法書士に依頼すればよいかをこのブログを見て知って頂き、相談してみようと思って頂ければ是非とも一度お電話下さい。
お客様のご依頼内容をしっかりと把握し、それぞれに合った手続きとスケジュールを決めて、分かりやすくスピーディーな業務を目指します。
お気軽に相談できる街の法律家として少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
夫婦でそれぞれブログもしています。ホームページでは分からない日常も書いていますので是非ご覧下さい。

司法書士佐々木毅のブログ http://ameblo.jp/3rt100mbk/
  佐々木裕里のブログhttp://ameblo.jp/sekretarsgesetz/


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:相続登記
司法書士の仕事のメインはやっぱり不動産登記でしょうか。その不動産登記の中でも、土地や建物の売買登記か相続による名義変更の登記が多いです。

開業してまだ2年の私の事務所では不動産業者さんとの取引が少ないので、不動産登記の中でも相続に関することが多いです。となると、必然的に戸籍を見ることも多く、相続人調査でほんとに色々戸籍請求していきます。

弁護士さんでも税理士さんでも戸籍は見られるでしょうか、司法書士が一番戸籍に精通しているのではないかと思っています。

簡単な戸籍集めは誰にでもできても、古い読みにくい戸籍をたどったり、代襲相続人や、または数次相続(相続人の方が相続発生後に亡くなってしまうこと)で次の相続人まで探したり、兄弟が相続人になる場合に、親の戸籍も取らなければいけなかったりと難易度が高くなることもよくあります。

先日は若くして(結婚もせずに)亡くなられた方の戸籍調査で、両親が先に亡くなっていましたが念のため父方母方双方の祖父母も亡くなられているかまで調査しました。これって一見忘れがちですが、父母が先に亡くなっていても祖父母が生きていれば兄弟には相続権がないんです。

結果的には直前に亡くなっており相続人は無事ご兄弟となりました。

もちろん戸籍には個人情報満載ですから扱いには気をつけていますし、取得した戸籍等を依頼者の同意なく他人に見せたりはいたしません。

ですので、そういった面でも安心してご依頼頂ければと思います。

戸籍のことなど色々なんでもお気軽にご相談ください。


✿佐々木毅司法書士事務所のご案内✿

不動産登記を始め会社登記、
相続・遺言、債務整理、成年後見、裁判所業務まで幅広く業務を行っています。

東大阪、大東市のお客様から大阪市内・府内全域
神戸(尼崎市・西宮市・芦屋市)、京都、奈良、和歌山

近畿一円まで対応可能です。是非、ご相談してください。


無料相談も実施中です。遺言や相続、不動産に関する登記、債務整理、会社の登記についてもお気軽に相談してください。。


メール相談はこちらから↓どうぞ


東大阪の司法書士佐々木毅のブログ-メール相談


東大阪市・大東市付近の佐々木毅司法書士事務所


JR学研都市線鴻池新田駅前徒歩1分(三菱東京UFJ銀行3階)


$東大阪の司法書士佐々木毅のブログ



パソコン用佐々木毅司法書士事務所

携帯用
佐々木毅司法書士事務所(携帯版)


ランキングに参加しました。クリック応援↓お願いします。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 遺言・相続司法書士佐々木毅による遺産相続・遺言書・相続・成年後見人について大阪から解説。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。