プロフィール

司法書士の遺言相続成年後見人解説

Author:司法書士の遺言相続成年後見人解説
初めまして。
大阪の司法書士佐々木毅です。
司法書士はどのようなことが出来るのか、どのような場合に司法書士に依頼すればよいかをこのブログを見て知って頂き、相談してみようと思って頂ければ是非とも一度お電話下さい。
お客様のご依頼内容をしっかりと把握し、それぞれに合った手続きとスケジュールを決めて、分かりやすくスピーディーな業務を目指します。
お気軽に相談できる街の法律家として少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
夫婦でそれぞれブログもしています。ホームページでは分からない日常も書いていますので是非ご覧下さい。

司法書士佐々木毅のブログ http://ameblo.jp/3rt100mbk/
  佐々木裕里のブログhttp://ameblo.jp/sekretarsgesetz/


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:成年後見人
先日成年後見制度についてのご相談を受けました。


お父様が認知症になってしまっており、ほぼ理解ができていなとのこと。ただ、すでに施設に入居しており、何か今すぐ契約行為などが必要ではないそうです。

成年後見制度を利用して家族が後見人になって財産管理をする必要があるかどうかを聞きたかったようです。


現状のままでも不都合が無ければ、多くの場合は後見人を選任せずに家族で財産管理していくのでしょう。定期預金の解約や不動産の処分、相続発生後の遺産分割協議など大きな財産の移動の時には成年後見人を選任しなければ手続きができません。その時になって初めて後見人を選任しても間に合うのであれば今すぐ後見申立をする必要もないでしょう。


ただし、家族間で誰かが使い込みをしていると疑いが生じていたり、相続手続きで時間がかかった場合に現金が無くなって生活できなくなる可能性があるような場合は、後見人を先に立てておくことも十分考えられます。


一度後見人になってしまうと、特段の事情がなければ後見人を辞めることができないので、そのあたりも後見制度利用の際に注意しなければいけません。そして、最も注意しなければいけないことは、後見人は本人(成年被後見人)のための代理人であり、本人の家族のためにいるのではないということを理解しておくことだと思います。


この点が分かっていないと、本人の財産が本人の為以外に利用されて制度の意義が無くなってしまいます。


成年後見制度を利用するのか、遺言書や生前贈与で財産の移動をすれば足りるのかなど、是非専門家にお問い合わせ頂ければと思います。




無料メール相談はこちらから↓クリックすると開きます。

東大阪の司法書士佐々木毅のブログ-メール相談


JR学研都市線鴻池新田駅前の相続司法書士佐々木毅のホームページはこちらをクリックしてください↓
$東大阪の司法書士佐々木毅のブログ



ランキングにも参加しましたラブラブポチッとお願いします↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ
にほんブログ村
にほんブログ村 定年オヤジ


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © 遺言・相続司法書士佐々木毅による遺産相続・遺言書・相続・成年後見人について大阪から解説。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。