プロフィール

司法書士の遺言相続成年後見人解説

Author:司法書士の遺言相続成年後見人解説
初めまして。
大阪の司法書士佐々木毅です。
司法書士はどのようなことが出来るのか、どのような場合に司法書士に依頼すればよいかをこのブログを見て知って頂き、相談してみようと思って頂ければ是非とも一度お電話下さい。
お客様のご依頼内容をしっかりと把握し、それぞれに合った手続きとスケジュールを決めて、分かりやすくスピーディーな業務を目指します。
お気軽に相談できる街の法律家として少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
夫婦でそれぞれブログもしています。ホームページでは分からない日常も書いていますので是非ご覧下さい。

司法書士佐々木毅のブログ http://ameblo.jp/3rt100mbk/
  佐々木裕里のブログhttp://ameblo.jp/sekretarsgesetz/


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:相続登記
本当の意味での相続放棄とは相続権をすべて放棄することで、家庭裁判所で相続放棄の申述しなければなりません。

一般の方がよくいわれる「相続放棄」は、遺産分割協議で他の人に譲る時に使われたり、放棄してとお願いして遺産分割協議書に捺印してもらったりということだったりします。

私達専門家は、相談者が「相続放棄した」と言ったときにその真意を確認しなければいけません。相続人が相続放棄をしたかどうかは手続きによってはとても重要になってくるので間違えないようにします。

家庭裁判所で相続放棄手続きをしたのと遺産分割協議で財産をもらわなかったのかは全く違うことなのです。

相続財産をもらわないからといって、必ず相続放棄の手続きをしなければいけないわけではありません。他の相続人と遺産分割協議で取得しないことを確認して協議書に署名捺印すればよいのです。

ただし被相続人に負債がある場合には、遺産分割協議をしても負債は法定相続分で請求されてしまう可能性があるので、きちんと相続放棄手続きをしておくべきです。



パソコン用HP コチラからどうぞ↓
佐々木毅司法書士事務所


応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © 遺言・相続司法書士佐々木毅による遺産相続・遺言書・相続・成年後見人について大阪から解説。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。